tokyo_yubi_480_460

OUR SERVICES

再エネ発電のFITからの自立化をサポート

これから再エネ電力は、市場へ統合されていきます。
ゼックパワーは先陣を切ってそのためのプラットフォームを創設し、各地の再エネ事業者様と協力しながら、信頼力No.1アグリゲーターとして再エネ電力を日本卸電力取引所などへ直接販売いたします。
*本サービスの提供は2021年4月からのスタートが見込まれているフィード・イン・プレミアム(FIP)制度の開始後になります。

私たちがあなたの再エネ電力(当初は太陽光・風力のみ対象)を市場に直接販売します。日本卸電力取引所(JEPX)への直接販売では、あらかじめ決められる固定のFIP価格と市場参照価格との差額がプレミアム(補助額)して支払われます所有されている発電設備の市場価値(弊社で見積)が市場参照価格より高い場合など、さらに加算金を上乗せしてお支払います。またこれら事業を通じて再エネ発電のFITからの自立化をサポートしてまいります。

  • 日本卸電力取引所(JEPX)などへの直接販売
  • フィードインプレミアム(FIP)制度利用サポート
  • インバランスなど発電事業者リスクを軽減
  • 発電量等データの計測・保管サポート
  • 発電設備等の運用・制御サポート
  • オンライン・ポータルとシミュレーション機能提供(準備中)

日本卸電力取引所(JEPX)などへの直接販売

フィードインプレミアム(FIP)制度利用サポート

インバランスなど発電事業者リスクを軽減

発電量等データの計測・保管サポート

発電設備等の運用・制御サポート

オンライン・ポータルとシミュレーション機能提供(準備中)

GLOSSARY TO OUR SERVICES

直接販売

直接販売とは、再エネ電力を卸電力取引所などに直接販売することです。
再エネ電力は、これまでFIT制度に基づき一般送配電事業者などに買い取られていましたが、日本でも太陽光と風力を皮切りに市場への統合が図られようとしています。
直接販売には価格変動によるリスクがあり、利潤が確保できるとは限らないことから従来のFIT価格と市場での販売価格との差額を補填するため、市場価格に一定水準の補填値(プレミアム)を上乗せる仕組みを導入することになっています。
日本の電力市場取引は革新途上の状況であり、市場への統合を円滑に進め、拡大していくにはアグリゲーターの役割が大きいとみられています。

マーケット・プレミアム・モデル/フィード・イン・プレミアム(FIP)

再エネ電力を市場へ統合していく手段として、FIPに基づくマーケット・プレミアム・モデル(市場プレミアム制度)が日本に導入されようとしています。
従来のFIT価格と市場での販売価格との差額を補填するため、市場価格に一定水準の補填値(プレミアム)を上乗せる仕組みをフィードインプレミアム(FIP)といいます。
先行するドイツでは、2012年から選択制として導入され、2016年から太陽光では100kW以上が義務化されました。
ドイツのFIPでは、市場プレミアム(FIP)に加えて取引・予測等にかかる費用の一部をカバーする「マネジメントプレミアム」、価格変動に応じた運用を促す「フレキシビリティ・プレミアム」も併せて導入されました。

仮想発電所(VPP)

仮想発電所(VPP)とは、需要家側エネルギーリソース、電力系統に直接接続されている発電設備、蓄電設備の保有者もしくは第三者がそのエネルギーリソースを制御することで発電所と同等の機能を提供することです。
分散型のエネルギーリソース1つ1つは小規模ですが、IoTを活用した高度なエネルギーマネジメント技術によりこれらを束ね(アグリゲーション)、遠隔・統合制御することで電力の需給バランス調整や市場への直接販売などに活用することができます。
大規模な発電施設の整備費用がかからず、比較的簡単な小規模発電施設を効率的に利用できるため経済的にも優位です。
欧州などでは電力の自由化・分散化とともにVPP事業が多く立ち上げられています。